▼ カテゴリー
・ 手作り石けん
ショッピングカートを見る
▼ オススメ商品
▼ 商品検索

▼ 店主紹介
にしくまきみこ
高知県の山奥、物部村に暮らしています。 「田舎暮らし」と言うよりも「秘境暮らし」の我が家。 そんな山の中で、心をこめて石鹸を作っております。
▼ お知らせページ
       ■QRコード



使用素材説明



*ご注意
このページは、使用している素材の一般的な説明を集約した物です。
効果効能をお約束するものではないことをご理解ください。



尚、我家の石鹸に使用しております素材は全て無添加。オイルの抽出法も
出来る限り「圧搾法」にて抽出された物を選んで使用しております。




■オリーブオイル

石鹸作りにおいて最もよく使われる油脂の一つです。
主成分はオレイン酸で皮膚にも馴染みやすく、
オリーブオイルを使った石鹸は保湿感が高い石鹸になると言われています。



■ココナツオイル

石鹸の泡立ちや洗浄力を高めるため、主素材として欠かせないオイルです。
ラウリン系油脂。



■パームオイル

オリーブオイル、ココナツオイルと共に石鹸に用いられる3大オイルの一つです。
パルチミン酸が主成分。石鹸に硬さを与え、泡立ちに持続性をもたらします。


■ひまし油

粘度が高く光沢のあるオイル。その特性を利用してリップクリームなどにも用いられます。
石鹸に使用すると「もちもち」した泡が出来ます。



■アボガドオイル

オレイン酸が豊富な高価なオイルです。ビタミンA、ビタミンEを含むため、抗酸化性
に富みます。アボガドオイルを加えた石鹸はマイルドな使用感であると言われています。


■アプリコットカーネルオイル(杏仁油)

西洋杏の種子核から低温圧搾にて採取されます。オレイン酸が主成分。
このオイルを添加した石鹸は私のお気に入りです。



■月見草オイル(イブニングプリムローズオイル

月見草(メマツヨイグサ)から採れる、ごく貴重なオイルです。必須脂肪酸のリノール酸、
リノレン酸を主成分とする中に「γーリノレン酸」を含むゆえ、老化肌に効果ありとされています。



■いのししあぶら

私が住む物部村近辺で取られた野生の猪の油を、心を込めて手作業で精製し、
フリージングして保存しています。
猪の油は、昔から刃物などに塗る「サビ止め」として珍重されていますね。
(肌に塗ったりする方もこちらではおられます。)
冬の時期(約2ヶ月間)しか取れません。季節により採取できる量が変化し、
大量に採取は出来ない物なので、石鹸の生産数は限られています。



■しかあぶら

いのしし同様、物部村近辺で取れたものです。
採取時期はいのししとは反対に「夏」になります。(鹿は夏に脂肪を蓄えます)


近年、各地で日本鹿が増えすぎていますが、物部村でも作物に及ぼす被害は増加傾向にあり、
猟師による狩猟数も、いのししと比べ高いものです。
しかし、これらも「山の恵み」です。
山に暮らす人間として、「余すとこなく利用してあげたい」と言う思いから、
石鹸への使用を思いついたものなのです。